TOP > おもしろニュース > がん治療などに朗報
2011年01月19日 08時40分55秒  投稿者:ちくわ

がん治療などに朗報

京都大学の武藤誠教授と園下将大講師らは、大腸がんの肝臓や肺への転移を抑える遺伝子を見つけた。がん細胞で転移の引き金となる信号伝達を妨げるという。新たな抗がん剤開発の足がかりになる成果。

 マウスの大腸のがん細胞と肝臓や肺に転移したがん細胞とを比べ、働く遺伝子の違いを調べた。転移例ではAesという遺伝子が作るたんぱく質の量が減っていた。このAesは転移の引き金となる信号伝達を妨げて、転移を抑えていた。

 実際の大腸がん患者でも、肝臓に転移したがん細胞ではAesからできるたんぱく質の量が減少していた。大腸のがん細胞を調べると転移がない患者ではAesが働いているケースが、転移した患者では働いていない例がそれぞれ多かった。

 大腸がんのマウスに信号伝達を妨げる薬剤を投与すると、Aes同様に転移が抑えられた。武藤教授は「薬の効果が人でも確かめられれば、他の抗がん剤と組み合わせて使えるのではないか」とみている。

 大腸がんは日本人のがんによる死亡者数の中で男性では3位、女性は1位。5年生存率は他臓器への転移がない患者で8~9割だが、転移があると1~2割に下がる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 投票


↓面白かった人は投票お願いします!↓

カテゴリ:おもしろニュース

モッピー | お金がたまるポイントサイト


自由にコメントしてください

↓コッチも盛り上げてください~↓



↑上のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!

関連記事:病院 治療


相互RSS大歓迎大募集中!
サイト内検索
最新情報
新しいコメント
【日刊】閲覧数ランキング

おすすめ
注目ランキング








あなたも、メンバーになりませんか?

あなたも私たちのお仲間になりませんか?
メンバー登録をすると、記事の投稿ができるようになります。あなたも「発信者」となって日本の元気を取り戻しましょう!あなたの協力を必要としています!
こちらから新規登録できます
※当然、無料です!

リンク
ランキングサイト集
アクセスインフォメーション
現在0 人がオンラインです。
Total7703431 7days7019 Yesterday1158 Today677

携帯でも見れます
携帯でも閲覧できます。

モッピー | お金がたまるポイントサイト お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
当サイトについて お問い合わせ リンク集 相互RSS募集