TOP > 小ネタ > 朝鮮人の70%以上が人格障害の可能性
2012年11月07日 11時43分59秒  投稿者:ちくわ

朝鮮人の70%以上が人格障害の可能性





この数値は、米国やヨーロッパなど先進国の平均11~18%に比べて、2.5~4倍に達する。
研究チームによると、人格障害は自分の性格に問題があることに気づきにくく、家庭や社会生活、対人関係に支障があり、周りの人々を苦しめるという特徴がある。
また、自分の問題を他人や社会のせいにし、極端な反応を示す。
そのため、各種の犯罪や社会的葛藤を引き起こす原因になりやすいが、適切な診断と治療が見つからない。

脳科学的に、朝鮮人には遺伝的に、感情を認知することに関与する右半球と言語に関与する左半球の連絡の機能的欠陥が存在している。また、辺縁系と皮質の橋渡しをする帯状回などの機能不全も確認されている。

アレキシサイミア(alexithymia)とは、P.E.シフネオスらによって1970年代に提唱された概念で、ギリシャ語の「a:非, lexis:言葉, thymos:感情」から作られた造語であるが、朝鮮人は遺伝的に、自らの感情を自覚・認知したり表現することが不得意で、空想力・想像力に欠ける傾向、すなわち「感情を認知することの障害」を持つ。

心身症とアレキシサイミアの関連は有名である。心身症とは、朝鮮人特有の病気『火病』ファビョン(hwabyung)に代表されるように、心因の影響が大きい身体疾患のことである。
アレキシサイミアの傾向を持つ朝鮮人は自らの感情を認識することが苦手なため、身体の症状として現れてしまうという機序が証明されている。

また、朝鮮人の精神分裂病患者にのみ現れる遺伝子の変移が、韓国内の研究陣によって確認された。
蔚山(ウルサン)医大・ソウル峨山(アサン)病院の宋奎暎(ソン・ギュヨン、生化学科)、金昌潤(キム・チャンウン、精神科)教授らは、精神分裂病の患者320人と正常な人379人を対象に、体内のCOMT(カテコール-0-メチル基転移酵素)遺伝子の一塩基変異多型(SNP、特定遺伝子の変移)を調べたところ、72番のアミノ酸が「アラニン」から「リン酸」に変わる場合、精神分裂病の危険性が高まることが分かった、と発表した。

この研究結果は、遺伝体研究分野の米学術誌「ヒューマンジェナティックス」(Human Genetics)の2006年1月号に掲載された。






★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 投票


↓面白かった人は投票お願いします!↓

カテゴリ:小ネタ

モッピー | お金がたまるポイントサイト


自由にコメントしてください

↓コッチも盛り上げてください~↓



↑上のタグを自分のサイトに張ってリンクしよう!

関連記事:朝鮮 在日 障害


相互RSS大歓迎大募集中!
サイト内検索
最新情報
新しいコメント
【日刊】閲覧数ランキング

おすすめ
注目ランキング








あなたも、メンバーになりませんか?

あなたも私たちのお仲間になりませんか?
メンバー登録をすると、記事の投稿ができるようになります。あなたも「発信者」となって日本の元気を取り戻しましょう!あなたの協力を必要としています!
こちらから新規登録できます
※当然、無料です!

リンク
ランキングサイト集
アクセスインフォメーション
現在0 人がオンラインです。
Total7824251 7days7816 Yesterday1355 Today209

携帯でも見れます
携帯でも閲覧できます。

モッピー | お金がたまるポイントサイト お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
当サイトについて お問い合わせ リンク集 相互RSS募集